TOP > 雛人形 >雛人形のしまい方
人形のまち岩槻 小木人形人形のまち岩槻 小木人形

雛人形のしまい方

おひなさまの飾り方上手はしまい方上手です。

  • 飾りつけする前にご自分で点検し分かりやすく写真を取っておきます。
  • 直接素手ではおひなさまは触れないで下さい。

お子さまと一緒に飾ったり、しまったり楽しみましょう。

  • お母さま面倒くさがらずに、お子さまが大きくなりましたら、お話しながら一緒にお片づけも楽しみの一つに加えてください。
  • おひなさまの小道具(持ち物)は取り外してしまいましょう。

おひなさまをしまう前に準備しておきます。

  • 人形専用毛ばたき、毛先の細い新しい筆
  • 防虫剤(人形にやさしい防虫剤゛いたわり゛など 
    入れ過ぎには注意してください。

    直接おひなさまには触れない部分に入れます。
    注意!! 異質の防虫剤との混合は科学変化を起こしますので避けての下さい。(例:ナフタリンと樟脳)
  • 柔らかな紙----お人形のお顔をやさしく包みます。
  • 柔らかな乾いた布----から拭きをします。
  • 柔らかな紙----おひなさまの位置がずれない、型崩れなどを防止に隙間に入れておきます。

おひなさまをしまうポイントは湿気のない日を選びます。

  • 湿気はカビの原因となりますので、一度風に当ててからしまいます。
  • 天袋など湿気の少ないところにしまいましょう。

おひなさまは毛ばたきを使います。

  • 人形専用毛はたきでお顔と髪の部分を除いた所を丁寧にほこりを払います。
  • お顔の部分は凹凸がありますので、きれいなお顔専用小筆で優しくほこりを落とします。
  • 髪は毛ばたきで直接かけますと、乱れの原因となりますので、避けてください。
ページTOPへ
TOP